名作シャロークランクおすすめ5選。シャローを効率良く攻めて魚を探そう。

シャロータイプのクランクベイトは素早く広範囲を探れるだけでなく、障害物回避性能も高いので根がかりを恐れる事なく使う事が出来ます。

今回は数多くあるシャロークランクの中から、これを選べば間違い無い物をご紹介します。

イヴォーク1.2(デプス)

出典:デプス

デプスが誇る名作シャロークランクベイトのイヴォーク1.2からご紹介したいと思います。

釣りの効率を上げる“道具”でなくてはならないというコンセプトで作られたイヴォーク1.2はまさにシャロークランクらしいルアーと言えます。

高い浮力とスクエアリップを備えている事で障害物の回避能力は素晴らしく、倒木の枝が入り組んでいるような所に投げ入れても根がかりせずに巻き切る事が出来るクランクです。

巻いている時に手元に振動が良く伝わるため、ルアーが動いているのか。何かに当たったのか。ゴミが引っ掛かって動いていないのか等、ルアーの状態が把握しやすい事も優れているポイントです。

発売当初はその性能の高さから人気が凄く、買いたくても買えない人が続出したルアーでもあります。

現在では多くの釣り人に行き渡った事で、いつでも購入出来るルアーになりました。

比較的どこの店でも置いてあるルアーですので、シャロークランクを始める時にはまず使いたいルアーです。

LENGTH:55mm

WEIGHT:11.0g

LC1.5(ラッキークラフト)

出典:ラッキークラフト

ラッキークラフトのLCシリーズは世界で活躍する大森プロが愛用するクランクベイトです。

このルアーはアメリカのバスプロ、リック・クランが監修した事でも有名です。

当時リック・クランが求める性能をプラスチックのルアーで再現する為にラッキークラフトの技術力が必要という事で生まれたルアーでもあります。

基本性能に優れたルアーで、発売されてからずっと第一線で活躍しています。

大森プロがLC1.5でトーナメントを優勝した事でも話題になりました。

トーナメントのようなハイプレッシャーの状態でもしっかりと釣れるという事は、プレッシャーがかかっていない普通の状態の時にはもっと釣れるという事です。

このルアーは置いてある店と置いてない店があり、若干入手しにくいルアーですが、性能は間違い無いルアーです。

サイズ展開が豊富にありますので、どのサイズを使うか悩む所ですが、まずは1.5サイズを使ってみるのが良いと思います。

LENGTH:60mm

WEIGHT:12.0g

ラッキークラフトUSA LC1.5 ハッピーギル
ラッキークラフトUSA

マクベス(シマノ)

出典:シマノ

世界で活躍する伊豫部プロが監修したシマノのクランクがマクベスです。

伊豫部プロの攻撃的な釣りをする為にどうしても欠かせなかったシャロークランクを、一才の妥協無く作り上げたルアーです。

フロントフックのアイとウエイトを一体成形する事で可能な限り低重心にし、障害物に当たってバランスを崩した後に姿勢が戻るまでの時間を最大限早くする事を実現しています。

すぐに姿勢が戻るという事はつまり、次の障害物にぶつかっても引っ掛からない事に繋がります。

広いエリアをテンポ良く釣りをする為には根がかりしにくい事が大切です。

マクベスは障害物回避性能を高め、快適に巻き続ける事を可能にしています。

LENGTH:63mm

WEIGHT:16.0g

ブリッツ(osp)

出典:osp

ospのブリッツも誰もが認める名作シャロークランクです。

一見他のルアーと同じに見えるボディは実はハニカム構造になっていて、同じ強度を出しながらボディのプラスチックの厚さを40%も薄くする事に成功しています。

プラスチックの厚さが減るという事はルアーの浮力を確保出来る事に繋がります。

ルアーは同じ大きさであれば浮力が高いほど、大きく動くようになる特徴があります。

ボディの下から顔を覗かせているウエイトで低重心化する事も実現していて、良く動き、姿勢も安定したルアーとなっています。

10 years standardを掲げるospですがブリッツは発売から16年以上経っています。

16年も第一線で活躍しているルアーですのでこれからも活躍するルアーなのは間違い無さそうです。

LENGTH:53mm

WEIGHT:9.0g

ピーナッツII(ダイワ)

出典:ダイワ

最後にオススメするのは誰もが使った事のあるシャロークランクの定番中の定番のピーナッツIIです。

ルアーフィッシングがまだ一般的ではなかった頃からずっと変わらない形で現在まで生産し続けられているルアーで、良心的な価格設定な事から子供達から大人まで誰でも使えるクランクベイトとなっています。

このピーナッツIIはもともとアメリカのストライクキングという会社のルアーだったのですが、ダイワが買取り生産しているルアーです。

とてもオーソドックスな形状をしていて、バランスがとても良いルアーなので長い間使われていても形状を変える必要が無かったのでしょう。

ずっと変わらない形状なので、安心してずっと使い続けられる。そんなルアーの代表的な例です。

アクションはウォブリングとロールが適度に混ざったウォブンロールアクションをします。

小さめのボディと相まって、ただ巻くだけで魚が釣れてきてくれるんです。

リップの形状が違う3タイプありますが、まずは写真の形状のSRタイプをおすすめします。

日本中どこのフィールドでも投げられているクランクベイトです。

LENGTH:50mm

WEIGHT:9.0g

まとめ

今回はバスフィッシングでは欠かせないルアーであるシャロークランクをご紹介しました。

シャロークランクはボートでの釣りだけで無く、オカッパリで釣りをする場合にもとても使いやすいルアーです。

投げて巻くだけで釣れるルアーですので色々な場所で投げて見てください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。