ハンドメイドミノーはこうして出来上がる

デザイン、バルサ材の削り出し、ワイヤー製作、塗装、コーティング……その全ての工程を手作業で行なうのが「フルハンドメイド」。

今回はそんな工程を経て出来上がる、渓流バルサミノー製作の模様をお届けします。

協力してくれたのは、『ZANMAI LURES』の製作を手掛ける小平豊さん。

現在専業でハンドメイドルアーの製作を行なっているビルダーです。

ただのバルサの板が、徐々に美しいミノーに生まれ変わっていく様は、見ていてちょっと不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。